投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

投資コラム

人気投票!インカム志向かキャピタル志向か?

今日の投資コラムは、自分の趣向を知ってもらいたいと思います。

次のような2つの投資案件があったとします。
あなたは、どちらのタイプが好みでしょうか?

【投資案件A】

100万円投資すると、6年後に200万円になって戻ってくる。
計算上の年利回りは12%で、元本は完全に保証されている。

【投資案件B】
100万円投資すると、毎月5000円が配当としてもらえる。
6年後に、100万円の元本が戻ってくる。
計算上の年利回りは6%で、元本は完全に保証されている。

投資案件Aは、年利12%でかなりの高利回りです。
ただし、6年間は完全に資金が寝てしまうので
その点が完全にネックになります。

いうなれば、投資案件Aは、完全にキャピタルゲイン狙いで
元本の価値が増えることを期待した投資手法です。

一方で、投資案件Bは、年利は6%なので
投資案件Aに比べると、利回りは単純に半分になります。

しかし、毎月一定の配当がもらうことができます。

投資案件Bは、インカムゲイン趣向の投資で、毎月の安定収入を期待します。

さて、あたなは、投資案件Aと投資案件Bと
どちらの方が好みでしょうか?

あなたの好みを、コメント欄で教えてください。
(ニックネーム可、メールアドレスは非公開ですが連絡のために入力ください)

1. 投資案件Aと投資案件B、どちらが好みですか?
2. その理由を教えてください

コメントをお寄せいただいた方の中から
「選択理由が最も参考になった」という方を選定させていただき

弊社の投資教材の中から

「投資における3つの掟」
「サヤ取りデイトレセミナー」

の2つをセットにて、無料プレゼントさせていただきます!!

9月1日(月) 12:00で、一旦締め切らせていただきます。

是非、じゃんじゃんコメントをお寄せください。

2014年8月29日
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 株式投資 株式投資 ブログランキング

11件のコメントがあります

  1. *サヤ取り王子 さんのコメント/ 2014年8月29日:4:51 PM

    コメントのテストです。
    メールアドレスは非公開ですので、じゃんじゃんコメントをお寄せください!

  2. *通りすがり さんのコメント/ 2014年8月29日:10:24 PM

    1. 投資案件Aです

    2. 同じ金額を投資するのだったら、リターンが良い方を選びます。元本保証されていることが前提だったら、案件Aの方がいいのでは?

  3. *きよ さんのコメント/ 2014年8月29日:8:27 AM

    余裕資金であれば絶対にAです。増えた方がいいですから。
    そうでなければBかな?塩漬けは困ります。

  4. *いぬさん さんのコメント/ 2014年8月29日:9:39 AM

    1.投資案件Aです。
    2.前の方もお書きになられていましたが、余裕資金であれば迷わずAなのでは。また、資金量が豊富であれば、余裕に回せる分はなるべく(元本保証という前提でインフレ等は考慮せず)A案件にまわし、流動的なものとして多少Bにまわすとか。。。

  5. *メル さんのコメント/ 2014年8月29日:10:00 AM

    資金が100万ならA案件です。
    資金がもっと多いならB案件にすると思います。

  6. *アリスタ さんのコメント/ 2014年8月29日:12:50 PM

    これだけの条件では判断できません。元本が途中解約できるか否か、又は出来てもどんなペナルティーが有るかで回答が違ってしまいます。絶対に途中解約出来ないとすれば、投資案件Bです。今日何が起こるか判らないので私ならこんな投資はしません。唯投資案件Bの方が少しでも回収出来るのでこちらの方が未だまし・・という判断です。

  7. *ヒロさん さんのコメント/ 2014年8月29日:10:00 PM

    前提条件のとおりであれば、私の場合、資金を案件Aと案件Bに振り分けます。ただし、案件Aは資金が6年間拘束されることから、最低見積もり余裕資金の限りとし、①流動性の確保、②リスクに対する対応及び③資金効率(案件A類似のさらなる効率的な案件が現れることを期待など・・・)の観点からとりあえず残りの資金を案件Aに振り向けておきます。

  8. *hiro さんのコメント/ 2014年8月29日:2:04 PM

    解約時の条件で損益分岐点をしらべます。解約の可能性がある場合、損益分岐点までの日数が短い方を選びます。余裕資金で解約の可能性が無いならAを選びます。

  9. *Ryu さんのコメント/ 2014年8月29日:5:51 PM

    条件により変わると思います。

    投資案件A
    若くてあまり資産がないケース

    投資案件B
    高齢で、充分な資産があるケース

  10. 結果発表:インカム志向かキャピタル志向か? | ローリスク サヤ取り投資法 さんのコメント/ 2014年8月29日:8:18 PM

    […] 万円投資すると、毎月5000円が配当としてもらえる。 6年後に、100万円の元本が戻ってくる。 計算上の年利回りは6%で、元本は完全に保証されている。     コメントの一覧は、こちらから […]

  11. *Jinben さんのコメント/ 2014年8月29日:7:39 PM

    100万円投資ならばAですね。月5000円もらってもメリットは少ないので。1000万円を余裕で投資できれば、Bですね。年60万円収入があれば、株への再投資などリスクをとった資金運用もできるので。

コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed