投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

投資コラム

USD/HKD ペッグ戦略 (その3)

意外と反響がある、USD/HKD破綻を前提とした戦略。
今日は、さらに第3弾として、投資コラムで取り上げます。

もうちょっと具体的な取引のやり方として。

22日のマーケットは、世界の相場全体が落ち着いた事で
USD/HKDも下落しています。

USD/HKD = 7.7960

の水準で取引を終えています。

この水準は、平常時の7.75前後のレートから比べると
0.5%くらい高い水準になっています。

7.75~7.85のレンジで見ると、ほぼ中間値まで
値段が下がってきています。

まだ、7.85にタッチする近くまで行っていないので
近々に、USD/HKDが破綻するという水準ではありません。

まず、この点は把握しておいていただきたいと思います。

ただ、USD/HKDのトレンドとしては、非常に苦しい状況で
中国元の切り下げで、HKDが安くなっているのに加え
アメリカでは、利上げの様相となっており
HKDもアメリカと同様に、利上げをしていかないと
ペッグが継続できない状態になっています。

なので、いずれペッグは守り切れないのでは?と言われています。

いずれはUSDとではなくて、中国元とのペッグの方が
お金の流れとしては現実的な訳です。

さて、背景は置いておき、具体的なエントリーの流れですが
これまた、エントリーできる水準によって、かなり違いがあります。

1. とりあえず、まずは証券口座の開設。
これがなくては始まりません。
オススメが、Xemarketの証券口座になります。

http://sayadori.org/link/XM

身分証明書のアップロードが必要になるので
免許証+電気料金明細などの住所を証明できるものをアップロードして
口座を有効化するようにしてください。

写真をアップロードするだけで手続き完了で
日本語で手続きできるので難しくはありません。

レバレッジは、今回の場合は、最高の888倍を選択するのが良いでしょう。

2. 売買ツールのダウンロードをしましょう。
色々なプラットフォームがありますが、MT4を使うのが一般的です。
MT4をダウンロードして、口座情報でログインすればOKです。

MetaTrader 4 (MT4)

3. 次に、口座にお金を入金します。
クレジットカードで入金するのが、一番楽だと思います。
いくら入れるかは、個人のお好みで。

4. MT4で売買をします。

細かいやり方は、先程のMT4のページに動画がたくさん掲載されていますので
MT4の使い方に慣れていない人は、そちらの動画を見てください。

使う銘柄は、USD/HKD Microという銘柄になります。

ポイントは、いくらエントリーするかです。

一か八かのギャンブルでエントリーするのだとしたら
7.7960のレートで、888倍レバレッジだとすると

10万円で、100単位くらいが限界目安だと思います。
これ以上になると、損切りに引っかかりやすくなります。

仮に、7.75近くまで一時的に下げてくるようだったら
もっと取引単位を増やして勝負可能です。

トレンド的に、7.75を割ってくるようなUSD/HKDは考えられないので
下限の方は、思いっきり勝負に行って良いと思っています。

あとは、時間と共に、結果を待つだけなのですが
スワップがマイナスなので、あまり長期戦には向きません。

長期戦を考えるのであれば、せめてスワップゼロになる証券会社の方が
取引はしやすいのではないかと思います。

かなり荒っぽいですが、取引のやり方や目安を書いてみました。

FXに馴染みのない人には、何かを書いているのか
全く訳が分からないのではないかと思います・・・

あくまで、ちょっと確率の良い宝くじみたいなものなので
やってみたいという人は、チャレンジしてみてください。

やりたいんだけど、やり方が良く分からん!!
という人は、ご連絡ください。

あまりに人数が多いようであれば、メニューとして考えます!

2016年1月22日
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 株式投資 株式投資 ブログランキング

コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed