Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sayadori/sayadori.org/public_html/wp-content/themes/original/header.php on line 18
USD/HKDの行方 | ローリスク サヤ取り投資法
    投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

投資コラム

USD/HKDの行方

挑戦されている方も、いらっしゃると思いますので
USD/HKDのその後の行方について、レポートしておきたいと思います。
 
1月くらい前からでしょうか。
USD/HKDの行方が怪しくなってきており
ペッグ解消なるか?というニュースをお伝えしました。
 
HKDがUSDとのペッグを解消するとなると
これまた歴史的な一大事という事になります。
 
 
USD/HKDの変調が出始めたのが1ヶ月ほど前から。
 
中国の相場が不安定になり
日本市場も、日経平均株価が15000円を割り込んだ時
USD/HKDも、これまでにない動きに突入しました。
 
いよいよ、ペッグ解消の時か?!と思われたところです。
 
 
さて、最近の動きについてですが
日本市場を見ていれば分かりますが、すっかり落ち着いており
USD/HKDの流れも平常時に戻りつつあります。
 
かつ、先週のFOMCの決定も影響しており
アメリカの利上げのペースがゆっくりになることが
ほぼ決まりのような感じになっています。
 
HKDはUSDとペッグしているのですが
ペッグするというよりは、利回りについてもペッグするということで
USDの利上げは、HKDに直接的に影響をしてきます。
 
利上げのペースが落ちたということは、大きな要因です。
 
 
ただ、これでUSD/HKDが終わったとは限りません。
 
アメリカの利上げは、ゆっくりながらも続くのは自明であり
中国との協調性を高めていく香港市場において
USDとの連動を続けて行くのは、難しくなっていく可能性はあります。
 
 
アメリカのFOMCの都度、利上げについての議論はされ
HKDも左右される展開になってくと思われます。
 
今は、USD/HKDも底値に近づきつつありますので
長期的に狙うのであれば、安定した仕掛け時になっていくことでしょう。
 
短期ポジションとしては、とりあえず落ち着いてしまいましたが
また、チャンスを見て、取り上げてみたいと思います。

2016年3月18日
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 株式投資 株式投資 ブログランキング

コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed