Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sayadori/sayadori.org/public_html/wp-content/themes/original/header.php on line 18
ボラティリティで図る 相場の変動予測 | ローリスク サヤ取り投資法
    投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

投資コラム

ボラティリティで図る 相場の変動予測

英国での国民投票が開始されています。
 
日本時間の24日の未明には、体勢が決まる見込みです。
 
直前の世論調査の結果は
残留派がさらにリードを広げる結果となっており
事前の予想では、残留の確率が80%となっています。
 
投票日が近づくにつれて、残留率が高まっており
これでほぼ残留決定とみられています。
 
 
市場の急激な変動を予想する指標として
IV(インプライドボラティリティ)というのがあります。
 
通常の相場では、IVは20くらいの数値をとりますが
昨日、おとといあたりではIVは40近くになっており
何か起こったら大きな変動が起こるという指標になります。
 
一般にIVが高い方が、大きな相場変動が起きやすい
アメリカ市場では恐怖指数などとも呼ばれています。
 
特に相場の下げ足は非常に速いので
下落側のIVは高くなるのが、こういう相場では一般的です。
 
 
国民投票の予想が、残留派優位になってくると
IVの指数も投票日が近づいているにもかかわらず
かなり低下してきています。
 
相場の弱気度を測るためには
IVを見るのが一番わかりやすいです。
 
ちなみに、IVを見るには、先物の口座を開設して
オプションが使えるようにしておけば
基本的にリアルタイムのIVが見えるようになります。
 
相場の下落ムードを探るように
IVの指標を活用できるようにしておきましょう。
こうした環境も、あらかじめ持って行くことが必要です。

2016年6月23日
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 株式投資 株式投資 ブログランキング

コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed