投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

投資コラム

トランプ政権後の投資スタンス

トランプ政権が発足するのを前にして
日本企業の動き方にも変化が見えています。

少し前に話題になったのが、ソフトバンクがアメリカでの投資を加速し
雇用を創出することをコミットしたということです。

明確にはなっていませんが、アメリカへの投資を引き替えに
スプリントとT-mobileの合併が進むという憶測もでています。

今までとは違った駆け引きが出てきています。

 

そして、今日のニュースでは
トヨタ自動車のメキシコ工場新設についても
名指しで批判するという事態になっています。

企業としては、投資の方針を見直さなければいけないかもしれません。

 

トランプ政権が発足してくると
私達個人投資家の投資方針についても
変化が出る可能性があります。

 

個人投資家レベルでも、ソフトバンク買いや
トヨタは売りという動きが見られています。

トランプ氏というと、アメリカの動きでしょ?と
という感じがするかもしれませんが
着実に、日本の投資活動にも影響を及ぼしてきています。

 

政策に関係してくることなので
場合によっては、長期的な影響を受けてくる可能性もあります。

普段は、あまり気にしなくても良い事も
今回ばかりは、トレンドを読んでおいた方が良さそうです。

 

実際、トランプ政権が誕生した後に
これまでの口先での発言が
実際の政策に、どのくらい影響してくるのかどうか。

楽しみなような、不安のような。

 

今年は、トランプ政権の動きから目が離せません。

 

※投資コラムは、柿田の経験に基づき、サヤ取りだけに限らず
様々な投資や事業を通じての気付きをご紹介していきます。

 

2017年1月6日
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 株式投資 株式投資 ブログランキング

コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed