投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

投資コラム

期待と不安と相場

相場の動きは、人間の心理戦です。

何事もなければ、相場には大きな動きは出てきません。

相場が動くのは、何か期待があるか
逆に不安があるかのどちらかになります。

期待が大きい時には、相場が上昇しますし
不安が大きい時は、相場が下落の方向で作用します。

 
相場には、「材料」と呼んでいるニュースが出ていますが
その材料によって、期待なのか不安なのかを
相場参加者が判断して、相場が動いていきます。

問題は、出てきた材料が、期待なのか不安なのか。

それが非常に変わらないのが、相場の動きが読めないところです。

 
例えば、良い決算発表という材料があった場合

期待: 純粋に決算が良かったという、今後への期待
不安: 今の決算が頂点なのではないかという不安

という2つの心理が出てきたりします。

だから、材料の善し悪しを判断するのは難しいのです。

 
ただ、ひとつ決まったことがあるのは「不安」の要素。

それは、誰もが経験したことのないことは
期待よりも不安が勝ちます。

人は、予測できることは、良い事と悪いことの両面を
予見することが可能ですが、経験したことがないことは
不安の方が圧倒的に勝ってしまうからです。

 

今の相場では、英国のEU離脱のブリグジットが
再び不安な材料として取り上げられています。

人々の不安が大きく勝ると、相場は一気に下落に傾きます。

これから、20日にトランプ政権が発足しますが
こちらは良く分からない不安もあるのですが
相場のこれまでの動きから見れば、期待が強く動いていました。

 
ブリグジットの不安 vs トランプ政権への期待

という心理戦が、今の相場で起こっています。

 
もし、トランプ政権が不安要因に傾いたとしたら
一気に相場も冷えてしまいそうです。

 

※投資コラムは、柿田の経験に基づき、サヤ取りだけに限らず
 様々な投資や事業を通じての気付きをご紹介していきます。

2017年1月17日
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 株式投資 株式投資 ブログランキング

コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed