Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sayadori/sayadori.org/public_html/wp-content/themes/original/header.php on line 18
フトバンクとトヨタの提携 | ローリスク サヤ取り投資法
    投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

投資コラム

フトバンクとトヨタの提携

一昨日、ソフトバンクとトヨタの提携が話題になっています。

ソフトバンクとトヨタは、時価総額で1位と2位の
日本を代表する巨大企業。

ただ、過去の経緯もあって、ソフトバンクとトヨタは
犬猿の仲とも言われていました。

特に、トヨタは製造業・日本を代表する企業なので
トヨタとしてのプライドというか威信があったのかと思います。

 
驚きなのは、提携の内容については基本的に

ソフトバンク > トヨタ

という構図になっているのです。

言い換えると、ソフトバンクの方がトヨタよりも
立場が上という内容の提携になっています。

これは非常に歴史的な事だと言えると思います。

 
細かく見ると、ソフトバンクは非常に将来を見ており
トヨタの一歩先を行っているのが明白です。

かねてからソフトバンクは先を読んだ投資をしていますが
自動車業界に対しても積極的に投資しています。

特にシェアリングエコノミーでは
ソフトバンクは非常に先見の明を持っており
ウーバーテクノロジーやグラブなどに出資しており
ソフトバンクが筆頭株主になっています。

ソフトバンクは、それぞれが車を持つ時代から
相乗りなどのシェアリングエコノミーにシフトとして
時代が変わっていくことを察していたと言えます。

そこには、ソフトバンクのIoTのテクノロジーが活かされますから
相乗効果もあると言えるのではないでしょうか。

 
トヨタは電気自動車としての知名度では
テスラに遅れを取っているところもありますし
日本では若者の自動車離れが進んでいます。

自動車メーカーとしては最大手でありながら
トヨタとしての危機感を持っているのではないかと思います。

 
日本は、このあたりの改革が非常に遅れていますが
世界では急速に生活スタイルそのものが
大きく変わろうとしています。

なかなか個人レベルだと、大きな投資に乗るのは難しいですが
時代の流れを掴みながら上手に投資していきたいですね。

2018年10月5日
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 株式投資 株式投資 ブログランキング

コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed