Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sayadori/sayadori.org/public_html/wp-content/themes/original/header.php on line 18
逆相関の飲食業界 | ローリスク サヤ取り投資法
    投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

投資コラム

逆相関の飲食業界

サヤ取りの基本的な手法は
同じような値動きをしている銘柄を見つけて
そのサヤを取りに行くために、空売りと買いを入れて
そのサヤを抜きに行くのが王道の方法です。

サヤ取りの考え方は、今後も何も変わることはありません。

ただし、昨今のニュースを見ていると
同じ値動き=同業種と考えるのは、非常に危険です。

その点を十分考慮しておく必要があります。

 
直近のニュースでは、牛丼の吉野家ホールディングスが
業績の下方修正を発表しています。

最終損益が、これまでの予想の11億円の赤字から
58億円の赤字へと大幅な下方修正を発表しています。

慢性的な赤字体制が続いてしまっているようで
かなりピンチな状態になっていると思います。

 
そして、にぎり寿司の小僧寿しは
債務超過に陥ったことが明らかになっています。

 
先日もお伝えした鳥貴族も
最終損益が赤字転落となっています。

 
飲食業界は、非常に出入りが早い業界ですが
勢いのある業種もあれば、下火になる業種もあります。

単に同じ飲食という業界だけでは
くくることは難しくて、特に大きく差が出ます。

厳密に行けば、飲食業界だけに限らず
どの業種でも、時代の流れについて行けているか
迅速に変化ができているかどうかで
業績に大きな差が出てくると思います。

 
サヤ取りといえども、ある程度全体の流れや
個別のトレンドについても考慮する必要があります。

もっとも、業績があまり違う銘柄は
相関性が高い数字では出てこないので
機械的に作業する分には問題ないと思いますが
ツールを使わずに、感覚で銘柄を選ぶ場合には注意が必要ですね。

2019年3月29日
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 株式投資 株式投資 ブログランキング

コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed