Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sayadori/sayadori.org/public_html/wp-content/themes/original/header.php on line 18
ECB金融緩和の陰のリスク | ローリスク サヤ取り投資法
    投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

投資コラム

ECB金融緩和の陰のリスク

ECBの利下げで、陰のリスクが取り上げられています。
(Yahoo!のトップニュースからの記事です)
 
 
一見、欧州圏の景気を向上させるための措置ですが
欧州は、そもそも経済状況は同じでないという状況があります。
 
欧州圏のリセッションを防ぐために
利下げの措置に入ったというのは正しい見方ですが
ユーロの場合は、経済的に問題のない国でも
同じ施策がとられてしまうことに問題があるという見方です。
 
 
特に、ユーロ圏での優等生であるドイツで
超低金利で借入ができるようになってしまうため
必要以上のインフレを招いてしまうのではないか?
という懸念があるということです。
 
確かに、借入金利が低いのであれば
今は預金するよりも、借りて投資に回す方が
はっきり言って良いに決まっています。
 
経済的にも安定しているドイツであれば
なおさら、投資に回しても安心感があるでしょう。
 
そのため、ドイツの不動産などは、インフレになるのでは?
という見方が出ています。
 
 
もっと、本当になるかどうかは分かりません。
 
日本もずっと低金利が続いていますが
結局の所インフレにはなっておらず
 
低金利=インフレを招く
 
とは単純には言えないからです。
 
 
 
ただ、不動産については、ちょっと別です。
 
日本は、東京オリンピックの影響で
不動産価格が高騰してしまっていますが
低金利も多少なりとも影響していることはあるでしょう。
 
世界の投資家が、ドイツの低金利と不動産に目を付けると
東京と同じように、不動産高騰に動く可能性はあります。
 
 
我々投資家としては、低金利を活かして投資していくという
基本的な考え方を、しっかりと活用していくべきでしょう。

2015年3月16日
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 株式投資 株式投資 ブログランキング

コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed