投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 投資コラム

投資コラム

お金を2倍に増やす人が使う「72の法則」

金融商品を選ぶ際に、覚えておいて欲しい「72の法則」です。
 
 
じっくりとお金を増やしていくタイプの場合には
72の法則を使って計算すると非常に分かりやすいです。
 
72の法則とは、投資金が2倍になるまでの期間や利率を
簡単に計算することができる法則です。
 
私も、頭の中で、パッと計算するときに良く使います。
 
 
【72の法則】
 
金利(%) × 年数 = 72
 
72 ÷ 金利 (%) = 年数
 
72 ÷ 年数 = 金利(%)
 
 
計算式は非常にシンプルで、簡単に分かるものです。
 
 
実際に、式を知っているのと、使いこなすのとは別もので
本当の意味で、これを利用しないと意味がありません。
 
 
主に、この法則の利用価値としては、2つあると思ってます。
 
・将来の貯蓄に備えて利用する
・現実的に意味のある投資かを計算する
 
 
 
将来の貯蓄に備えて利用するというのは
まず、いつどのくらいのお金が必要か?ということの確認が必要です。
 
例えば、子供の学費がいつ、いくらかかるとか
老後の蓄えのために、いつまでにいくら貯めておくとか
具体的な目標値を決めておくことが必要です。
 
そして、その目標から逆算して考えて
どのくらいの利回りが必要なのか、どのくらいの期間が必要なのかを
計算式によって考えることで、投資商品が決まってきます。
 
 
投資商品ありきで考えても、実際にはほとんど意味はありません。
 
例えば、12年後の子供の教育費のために
投資金の2倍のお金を貯めたいとします。
 
72の法則に当てはめて計算すると
 
72 ÷ 12年 = 6%
 
となりますので、年利6%以上の投資商品でないと
目標が達成できないということになります。
 
 
今の定期預金の利回りは、1%も付かないですから
単純に考えて、72年以上!もかかってしまいます。
 
ただ、使ってしまわないように、定期預金にするという意味では
悪くはないと思いますが、投資としての意味はありません。
 
 
また、利回りが決まっているものから逆算した例を挙げると
 
72 ÷ 3% = 24年
72 ÷ 4% = 18年
 
のように、たった1%の利回りの違いではありますが
投資期間としては、6年もの開きが出てきます。
 
 
小さな違いで、大きな差を生むこともあるので
72の法則を賢く活用して
目的にあった投資商品を選択するようにしましょう。

2014年8月15日 | コメント
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed