投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 投資コラム

投資コラム

日経平均株価の欠陥

日経平均株価は、多くの人が知っている株式指数です。
 
株をやったことない人でも
テレビのニュースなどで、言葉は知っていると思います。
 
 
日経平均株価は、日本経済新聞社が算出している指数で
東証が計算しているものではありません。
 
日経平均株価は、別名「日経225」とも言われるように
東証1部に上場している銘柄から225銘柄を抜き出し
基本的に株価の合計を単純に割り算した形で算出しています。
 
ダウ平均も、同じ方式がとられています。
 
 
しかし、この算出方法は、昔から問題があると言われています。
 
単純に株価を合計して割り算するだけなので
株価の高い銘柄の影響を受けやすいという欠陥があります。
 
市場で良く言われているのが、ファーストリテイリングです。
 
ファーストリテイリングは、30,000円を超える株価ですが
株価が高いため、指数に与える影響度が強くなります。
 
つまり、ファーストリテイリングが上昇すると
日経平均株価が上昇する確率が高くなります。
 
指数を意図的に上げたい場合は、
ファーストリテイリングを買う事によって
指数も自然と上がっていくことになります。
 
 
 
昔から問題が指摘されている一方で
過去の株価の連続性の問題から、いきなり計算方法を変更できない。
 
また、日経平均株価という名前が定着していることもあり
他に色々な指数(TOPIXなど)もありますが
他に指数を切り替える事ができないくらい、知名度があります。
 
もっと公平な指数は、他にもたくさんあるのですが
なかなか、切り替える事ができないというのが理由です。
 
 
ちなみに、アメリカのダウ平均は、たったの30銘柄です。
日経平均株価が225銘柄ですが、ダウ平均は30銘柄だけの指数になります。
 
昔から使われている指数というのは、定着はしていますが
内容を見ると、色々と欠陥がある指数なのです。

2014年7月23日 | コメント
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed