投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 投資コラム

投資コラム

ボラティリティの証拠金

最近、やや相場の変動率が大きくなっています。
 
連続して上昇したかと思いきや、やや大きめの下落。
 
相場には、こうした激しい動きはつきものですが
上昇ペースも大きかっただけに、反動も多くなります。
 
 
メルマガでも良く使いますが
「ボラティリティ」という言葉があります。
 
価格変動の大きさをボラティリティと言っており
ボラティリティが高いというのは、価格変動が大きいことを指します。
 
ボラティリティ指数というのもがあり
相場の動きが激しいかどうかを評価する指数もあります。
 
 
 
そんな、ボラティリティと連動するのが
先物取引の証拠金です。
 
先物取引は、小さな資金でレバレッジを利かせて
大きな利益を狙う投資手法になりますが
一方で大きな損失を被ってしまう危険性もあります。
 
通常の相場であれば、損益の幅も小さいのですが
ボラティリティの大きい相場の場合は
損益の大きさも大きくなってしまいます。
 
特に損失に振れた場合は、相場から撤退しなければならないくらい
短期間で相場が激しく動くので、損益も大きくなります。
 
 
ボラティティが高い相場の時に
投資家を保護するための仕組みとして、証拠金のコントロールをしています。
 
 
来週からは、証拠金が750,000円(ラージ1枚)に引き上げられます。
 
相場が落ち着いている時は、300,000円くらいですので
かなり高めに設定がされています。
 
 
相場変動が大きく、日経平均が大きく動きやすいというのが
証拠金の大きさからも推測することができるのです。
 
今の相場が、激しい動きなのかどうかを見るために
証拠金の数字の動き方も参考にしてみてください。

2014年12月12日 | コメント
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed