投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 投資コラム

投資コラム

期待利回りとリスクの相関性

投資のご相談があり、今日対応をしていました。
 
期待利回りと、リスクについては、一定の相関があると思います。
 
 
起業家はお金を集めたい訳ですが
わざわざ、高い金利を払いたい起業家というのはいません。
 
投資家としては、できるだけ高い金利の方が嬉しい訳ですが
ここで、起業家と投資家の間で、駆け引きが出てきます。
 
でも、普通に考えて、一定のルールというのがあります。
 
 
起業家がお金を集めるときは
できるだけ低コストで調達したいのは普通で
まずは銀行などから借りるのが普通に考えて低金利です。
 
例えば、日本だったら、超低金利の時代ですから
まともであれば、普通は銀行から借ります。
 
 
銀行で融資が受けられなかったりすると
ノンバンクで借りるというのが、パターンでしょうか。
 
 
それでも、ダメだったりすると
サラ金とかという手もありますかね・・・
 
 
資金調達の手段というのは、色々とあって
銀行・ノンバンク・サラ金・社債などありますが
安い調達手段を使うというのが普通です。
 
まあ、ここまでは分かりますよね。
 
 
となると、例えば日本で金利8%で募集するような投資案件というのは
極めて怪しい投資案件であると言えます。
 
もっと安く調達する手段があるにも関わらず
わざわざ高い金利で資金調達するには
何か訳があるからです。
 
 
国によって、この辺りの金利事情が違いますので
もし海外案件の投資をする場合には
必ずその国の基準金利を把握した上で
投資利回りがどうなのか?というのを比較する必要があります。
 
 
そう思うと、金利が高いとリスクが高まるというのは
やはり一定の相関があると言えるのではないかと思います。

2014年9月12日 | コメント
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed