投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 投資コラム

投資コラム

収入にフォーカスする

最近のコラムで、似たような事を書いてる気がしますが
今日の打ち合わせでも、つくづく思うことがあるので
またまた、コラムに書きたいと思います。

仕事柄、色々な会社とお話することがあるのですが
話を聞いていると、儲かっている会社というのは
ある一定のルールがあるように思います。

一番勢いがあると言えるのは「営業に強い会社」です。

会社に必ずなくてはならない人というのは
社長でもなく、本当のところ営業です!!

会計、総務など、色々な部門があると思いますが
多くの部門や人というのは、コストの事が多く
どんな会社にも、売上をあげてくれる人が必須になります。

売上がなくては、会社としては成り立たないからです。

時々お会いするのが、営業ばっかりの会社です。

こういう会社は、ものすごい勢いがあります。
感覚的に言えば、体育会系の集まりみたいな感じです。

営業に強い会社の特徴としては
とにかく、売上はジャンジャンあがるんだけど
裏方の方が追い付いておらず、バタバタになったり
コストは二の次なので、コストが高かったりと問題を抱えます。

一方で、営業重視ではない、品質重視のようなじっくり型だと
売上は伸びないのだけど、一定の収益は確保している感じです。

どちらがいいの?ということなのですが
個人的には、営業に強いの会社の方が好きです。

私が営業出身ではないので、無い物ねだりなのかもしれませんが
営業に強い会社というのは憧れがあります。

収支で考えると、営業に強い会社というのは
とにかく売上は伸びるけど、コストや経費も相応かかって
なかなか利益が出ないということになりがちです。

でも、ちょっと手を入れる事によって
一気に収益が上がるようになります。

十分な売上があるので、コストや経費を見直すことで
割と簡単に利益が出せるようになると思います。

一方で、営業型でない場合は、一定の利益を出していても
売上そのものが伸びないと、全体のパイが増えていないので
利益も伸ばしようがないという感じです。

個人の収支も同じで、支出を削ることを考えるよりも
まずは収入を増やす事を考えて、使うところは使って
収入をまず増やしてみてから、あとで無駄を削ればいいと思います。

最初から何が無駄かを考えて制限してしまうと
なかなか収入が増えないのではないかと思います。

だからこそ「投資」という考え方が必要なのです。

とりあえず投資して、その分の収入を最低限確保すればいいや
という感覚で取り組んで行く事が、収益を増やすポイントだと思います。

なので、収入を増やすことにフォーカスすることが
大事なのではないかと思います。

(偉そうに書いてますが、自分に言い聞かせていることです・・・)

2014年10月30日 | コメント
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed