投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

上昇するも日足は陰線、チャートは停滞相場を形成

12月6日(火)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 18,360円(+85円)
・TOPIX 1,477.2ポイント(+10.2ポイント)
・東証1部出来高 23億9136万株
・同売買代金 2兆6935億円
・同値上がり1,241銘柄、値下がり631銘柄、変わらず118銘柄

 
6日の日本市場は上昇。昨日はイタリアの国民投票の影響で
下げましたが、本日は昨晩のNY市場の大幅高の影響を受け
前日比で約+200円高く寄り付いた結果、上昇となりました。

ただし最高値を更新のアメリカのダウ平均とは異なり
日経平均は高値更新はならず、また日足は陰線となりました。

 
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングでは

1位関西電力(+7.62%)
2位日本郵船(+5.78%)
3位SUMCO(+5.54%)
4位三井金属鉱業(+5.54%)

と最近のトランプ相場において、名前を聞くことのなかった
銘柄の上昇が目立ち、相場に変化の芽も現れました。

 
先週より日経平均の日足チャートは、停滞相場を感じる形状であり
更に本日は陰線となり、日本市場はトランプ相場第二幕、と言える
状態ではありません。

 
停滞相場の後の値動きは、大きくなる傾向があります。

12/14のFRBの金利引き上げまでは、停滞相場継続の可能性が
高いですが、次に来る大きな値動きには十分注意したいと思います。

2016年12月6日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed