投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

円高の影響もあり日経平均20,000円を前に3日続落

1月10日(火)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,301円(-152円)
・TOPIX 1,542.3ポイント(-11.0ポイント)
・東証1部出来高 18億9467万株
・同売買代金 2兆5992億円
・同値上がり758銘柄、値下がり1,131銘柄、変わらず115銘柄

 
連休明けの10日は日経平均が150円以上の下落となりました。

日本市場が休みの昨日の午後から、ドル円が約2円の円高に
振れている中、本日の東京市場オープン後も若干の円高が進行。

特に昼頃に進んだ円高に株式市場が反応し
後場の寄り付きより下落が加速。

引けにかけて巻き返しの場面もありましたが
最終的には日経平均で150円以上の下落となり終了しました。

気が付けば3営業日連続の下げとなっています。

 
円高の進展及び売買代金が2兆円台にとどまっており
日経平均20,000円が意外に高いハードルとなりつつあります。

日本市場は今週からが実質的なスタートとなりますが
本日の売買代金2兆円台というのは、上昇を期待するには
非常に心もとない数字となります。

 
目先は国内要因で株価を動かす材料が見当たらないため
昨年末からのトランプ相場同様、海外要因に注意しながら
今後の日本株の方向を探りたいと思います。

2017年1月10日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed