投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

トランプ氏会見 米高、日本安

1月12日(木)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,134円(-229円)
・TOPIX 1,535.4ポイント(-14.9ポイント)
・東証1部出来高 20億700万株
・同売買代金 2兆3761億円
・同値上がり327銘柄、値下がり1600銘柄、変わらず77銘柄

 
12日の日本市場は日経平均が一時300円に迫る下げを
見せましたが、後場に持ち直した結果、229円安で着地。

 
昨晩のトランプ新大統領の会見を受け
アメリカ株は上昇しましたが
ドル円相場が116円台から114円台まで円高が進み
為替市場に引きずられ日本株は下落。

 
また日経平均採用銘柄の下落率においてワースト10で
4位アステラス製薬(-4.19%)
6位塩野義製薬(-3.71%)
9位協和発酵キリン(-3.44%)

となり製薬株が下落。

トランプ氏の製薬業界への批判が
日本市場にも影響を及ぼしました。

 
為替要因を背景に、アメリカ株の上昇に対し日本株が下落となる
トランプ相場以降では珍しい展開となりました。

今後については、ドルインデックスが下落トレンド入りの
瀬戸際に位置しており、場合によっては更なるドル下落の
可能性もあります。

 
株価とともに上昇してきたドル円市場ですが
今後は逆回転の可能性が出てきており
株と為替の両者の動向により注意したいと思います。

2017年1月12日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed