投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

イギリスへの懸念から円高が進み株価が大幅下落

1月17日(火)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 18,813円(-281円)
・TOPIX 1,509.1ポイント(-21.5ポイント)
・東証1部出来高 17億1056万株
・同売買代金 2兆942億円
・同値上がり149銘柄、値下がり1,799銘柄、変わらず56銘柄

 
17日は日経平均で280円を超える大幅な下落で
大半の銘柄が値下がりする全面安の展開となりました。

 
昨晩はアメリカ市場が休場で値動きのなかったドル円ですが
日本市場のオープンとともに急落し
114円台から113円台前半まで約1円の下落。

そして為替に呼応するように株式市場も下落。

前場は一旦戻しを入れましたが、後場は上昇することなく
下がり続け、日経平均は19,000円割れで終了しました。

 
イギリスがEU離脱でハードブリグジットという
強硬路線を取りつつあり、ポンドが売られ円が買われたことが
今回の円高の背景です。

17日にイギリス・メイ首相のスピーチで方針が表明される予定で
スピーチ後に大きく相場が動く可能性が生じています。

昨年6月のブリグジット決定時は
ポンドが売られ円が買われた結果、一気に日本市場が動いており
明日以降注意を要します。

 
まずはメイ首相のスピーチを受けて、明日の東京市場が
どうスタートを切るか注目したいと思います。

2017年1月17日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed