投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

売買代金約2兆円と開店休業状態の東京市場

1月20日(金)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,137円(+65円)
・TOPIX 1,533.4ポイント(+5.3ポイント)
・東証1部出来高 17億9140万株
・同売買代金 2兆649億円
・同値上がり1,152銘柄、値下がり709銘柄、変わらず142銘柄

 

20日は日経平均、TOPIXともに上昇となるも若干の上げ。

売買代金がほぼ2兆円となり、トランプ大統領就任式を晩に控え
主なプレイヤーの様子見姿勢が鮮明となりました。

株と同様、東京時間は為替も大きな値動きは無く
アメリカの金融市場の影響を大きく受ける日本市場は
開店休業状態と言っても過言ではありません。

 

週明けのトランプ大統領就任式後、月曜の東京市場が
どう動くかは世界の注目の的となっています。

足元では

ダウ平均が5営業日連続安
ドルインデックスがFRBイエレン議長の講演会後に再び下落基調
リスク指標の金価格の上昇トレンド
日経平均も19,000円前後で足踏み

と、環境的には下げ要因が多く出ている状況と
なっています。

しかし直近のトランプ相場の例もあるので、実際は蓋を開けて
みないと次の展開は分かりません。

 

まずは週明けの東京市場、トランプ大統領就任を受け
市場がどう反応するか、注意したいと思います。

2017年1月20日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed