投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

円高の進展で寄付きより19,000円割れ

1月23日(月)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 18,891円(-246円)
・TOPIX 1,514.6ポイント(-18.8ポイント)
・東証1部出来高 17億7770万株
・同売買代金 2兆2005億円
・同値上がり375銘柄、値下がり1,554銘柄、変わらず74銘柄

 
23日は日経平均で240円を超える下落となり
再び19,000円割れに。

日本市場はトランプ大統領の就任式で株価が上昇した
アメリカ市場とは逆の値動きとなりました。

 
トランプ大統領は就任式後、早速TPPからの離脱を表明。

米国の保護主義政策への警戒から、23日は朝方より
為替市場はドル売り一色の展開となりました。

特にドルが売られて円が買われる動きとなり、円高が進展。

その結果、日経平均は寄付きより19,000円を割れて
スタートしました。

ただし寄付き後は上下いずれも大きく動くことなく
ほぼ寄付き付近で終値を迎えています。

 
トランプ大統領の就任後の株式市場の方向性は
現段階では分かりませんが、本日の日本市場も売買代金が
2兆円台前半と売買にパワーはありません。

よって今後も海外市場や為替市場に影響される値動きが
予想されます。

 
いずれアメリカ市場で動きがある可能性が高いので
当面為替他の市場の動向も見守りながら
日本市場をウォッチする必要があると思います。

2017年1月23日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed