投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

円高の進展で200円超下落、日経平均19,000円割れ

2月2日(木)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 18,914円(-233円)
・TOPIX 1,510.4ポイント(-17.3ポイント)
・東証1部出来高 21億2818万株
・同売買代金 2兆5703億円
・同値上がり296銘柄、値下がり1,635銘柄、変わらず71銘柄

 

2日は日経平均で200円を超える値下がりとなり
19,000円割れとなってしまいました。

 

昨晩のアメリカ市場はFOMCにて殆ど動きの無い中で
為替市場がFOMCを契機に徐々に円高に進展。

午後には一昨日の安値付近の112円台に突入しました。

株価は前場は持ちこたえていたものの、円高の進展に
合わせるように後場から崩れ、最終的に19,000円割れで終了。

為替の動きが非常に不安定になっています。

 

トランプ大統領及び側近の発言から、政府及び日銀は
円安政策が今後取れなくなり、円安=株高、となる
傾向にある日本市場には、若干不利な状況となりつつあります。

 

尚、日経平均採用銘柄で下落率トップは日本板硝子(-8.69%)で
業績不振の中での増資報道が嫌気された形となりました。

決算発表が続く中、全体的には業績不振の銘柄が
売られている傾向にあります。

 

明日は晩に雇用統計が控えているため、値動きが停滞する
可能性が高いと考えられます。

無理なポジションを取ることなく、雇用統計明けの
月曜を迎えるようにしたいと思います。

2017年2月2日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed