投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

2日続伸で日経平均19,500円を回復

3月2日(木)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,564円(+171円)
・TOPIX 1,564.6ポイント(+11.6ポイント)
・東証1部出来高 22億1038万株
・同売買代金 2兆5328億円
・同値上がり1,457銘柄、値下がり421銘柄、変わらず124銘柄

 

2日は日経平均で+171円となり2日続伸。

二日で400円以上の値上がりとなり、19,500円台を回復しました。

 

昨晩のアメリカ市場がダウ平均で+303ドルと大幅高を見せた中で
為替市場もドル高円安の流れとなり、日本市場は19,600円超えで寄付き。

寄付き後に株価は伸び悩みましたが、19,600円付近での
値動きに終始し、最終的に19,500円台を維持し着地しました。

 

また売買代金は未だ2兆円台ながらも、2.5兆円までは回復しており
明るい兆しが見えつつあります。

 

久しぶりにアメリカ市場と日本市場が相関する値動きを
見せましたが、問題は本日のような相関の動きが継続するかどうか。

2兆円台という出来高は心もとない面はありますが
21,000ドルに乗せてきたダウ平均に倣って、日経平均は
20,000円を目指してほしい所。

 

FRBの3月の利上げを警戒しつつも、日本市場とアメリカ市場に
乖離が生じており、今後に期待を持ちたいと思います。

2017年3月2日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed