投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

円安を背景に日経平均19,600円台を回復

3月10日(金)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,604円(+286)
・TOPIX 1,574.0ポイント(+19.3)
・東証1部出来高 22億6716万株
・同売買代金 2兆9483億円
・同値上がり1563銘柄、値下がり341銘柄、変わらず100銘柄

 

10日は日経平均で286円高となり大幅な上昇。

SQ算出日を無難にこなし、19,600円台を回復しました。

思ったよりも反発してしまい、私のオプション取引は
かなり目論見とは外れてしまいました。。。

 

アメリカの株式市場が値動きを消す中での
日本市場上昇の要因は為替市場。

ドル円が朝方から円安方向に進み115円台に突入。

日本時間に進んだ円安に支えられ
株式市場も上昇。

前場と後場ともに上昇を続け、最高値に
近い水準の前日比+286円で取引を終えました。

 

為替に動かされることの多い最近の日本市場ですが
ドル円が日本時間に節目とも言える115円を上方ブレイクし
そのまま上昇しています。

今後も現水準を維持するようなら
円安方向への転換の可能性が高くなります。

 

雇用統計を前に、為替に背中を押されて動きを開始した感の
ある株式市場ですが、来週はFOMCでの利上げが予想されています。

FOMCの金利引き上げ発表後、本日の値動きが強化される
動きとなるのか、それともFOMCを契機に逆行する
値動きとなるのか、来週のFOMC後の展開に注意したいと思います。

2017年3月10日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed