投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

米の利上げを受け3営業日ぶりに反発も小幅な上昇

3月16日(木)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,590円(+12)
・TOPIX 1,572.6ポイント(+1.3)
・東証1部出来高 17億9651万株
・同売買代金 2兆1590億円
・同値上がり1235銘柄、値下がり630銘柄、変わらず139銘柄

 

16日は3営業日ぶりに反発も、小幅な上昇に留まりました。

昨晩のFOMC後の米国金利引き上げにより、米国市場は
上昇したものの、為替市場は114円台後半から
113円台前半まで円高に進んだ結果
為替の影響を受けやすい現在の日本市場は
上昇効果も小規模なものとなりました。

 

また極右政党の躍進が懸念されていたオランダ下院選は
極右政党が伸び悩み、金融市場に対する影響は
殆どなく、FOMC明けの日本市場はまずは無難に
スタートした形となりました。

 

FOMCを無事通過した日本市場で
苦悩が続いているのが東芝株です。

本日も-6.80%と日経平均採用銘柄で下落率がダントツ1位
となっています。

本日の下落で終値が183.6円と、節目価格の200円を
割れたため今後の値動きに注意が必要です。

 

アメリカ市場の上昇に対し
再び乖離幅が開いた形となった日本市場。

利上げ通過でアク抜けとなり、アメリカ市場に追随
することを期待したいと思います。

2017年3月16日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed