投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

3連休を前に売り先行 東芝株が上昇

3月17日(金)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,522円(-67)
・TOPIX 1,565.8ポイント(-6.8)
・東証1部出来高 20億1361万株
・同売買代金 2兆4595億円
・同値上がり742銘柄、値下がり1116銘柄、変わらず148銘柄

 

17日は下落となるも日経平均19,500円台は維持。

昨日の米国市場が小動きの中、日本市場は
金曜並びに明日からの3連休を控え
積極的に買う投資家もおらず、売り先行の値動きとなりましたが
大きく崩れることもありませんでした。

 

連休前で話題の無い市場の中で、東芝が日経平均採用銘柄の
上昇率トップ(+3.54%)に。

公的ファンドによる半導体メモリー事業の支援が報じられ
株式市場が前向きに評価したものですが、東芝の株価は
報道に一喜一憂する状態が継続しています。

また昨日上場の、著名コピーライター糸井重里氏が
経営の「ほぼ日」は、昨日初値が付きませんでしたが
公募価格2,530円に対し、本日初値5,360円と2倍以上の初値が
つき無事上場を果たすことができました。

 

「ほぼ日」が初値2倍になったようにIPO市場は好調に
推移していますが、上場市場は値動きがありません。

投資家は値動きが出ない相場はいかんともしがたいので
焦ることなく、次の値動きが発生することを待つしかないと思います。

2017年3月17日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed