投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

ドル円とともに下落、日経平均19,000円割れに

3月27日(月)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 18,985円(-276)
・TOPIX 1,524.3ポイント(-19.5)
・東証1部出来高 17億6293万株
・同売買代金 2兆311億円
・同値上がり252銘柄、値下がり1671銘柄、変わらず87銘柄

27日は日経平均で200円を超える下げとなり
2月9日以来の19,000円割れとなりました。

週末のアメリカでのオバマケア廃止法案の撤回を受け
朝よりドルが売られ、ドル円が円高方向に振れ111円付近から
110円台前半まで下落。

ドル円相場に引っ張られるように、日経平均も下落を
早めることとなりました。

日経平均採用銘柄の下落率では

2位大和証券G本社(-3.76%)
3位野村HD(-3.55%)

となり証券株の下落が目立ちました。

アメリカ市場ではトランプ相場を牽引の
ゴールドマンサックスを始めとする金融株が
下落傾向にあり、日本市場においても
先週は保険株の下落が目立ちましたが
今週は証券株の下落でスタートしています。

今週は期末でもあり、突発的な値動きに注意を要します。

大きなイベントも予定されていない週でもあり
期末特有の突発的な値動きに翻弄されないように
気を付けたいと思います。

2017年3月27日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed