投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

米国株と為替の後押しで期末配当落ちがあるも上昇

3月29日(水)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,217円(+14)
・TOPIX 1,542.0ポイント(-2.7)
・東証1部出来高 17億5140万株
・同売買代金 2兆1595億円
・同値上がり716銘柄、値下がり1158柄、変わらず118銘柄

 

29日は小動きの展開、本日は約130円の期末配当落ち分を
考慮する必要があるため、見た目の数字以上に
しっかとした展開となっています。

 

昨晩発表の米国消費関連指標の結果が良好で
米国株が高くなり、またドルが買われ円安となっており
日本市場には追い風の1日となりました。

しかし売買代金は2兆円台前半と相変わらずの状態。

 

日経平均採用銘柄において、上昇率1位は
関西電力が+10.37%とダントツ1位なりました。

昨日大阪高裁で高浜原発の再稼働を認める判決が
出ており、今後の原発再稼働による収益の改善を
見込む買いが膨らみました。

また関西電力につられて、東京電力HDも+4.25%と
4位にランクインしています。

しかし関西電力と東京電力HDは事業状況が全く異なっており
注意が必要です。

 

本日より実質的には新年度相場がスタートしています。

売買代金の低迷が続いていますが、新年度で資金が流入し
売買代金が増加し、それに伴い株価も上昇することを
期待したいと思います。

2017年3月29日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed