投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

小幅ながら続落、リスクオンモードの継続性に注意

5月15日(月)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,869円(-14)
・TOPIX 1,580.0ポイント(-0.7)
・東証1部出来高 21億5577万株
・同売買代金 2兆6519億円
・同値上がり854銘柄、値下がり1057銘柄、変わらず104銘柄

 
15日は日経平均で14円安と小幅な続落。

週末のアメリカ市場に値動きの無い中で、週明けの
日本市場もあまり値動きはありませんでした。

 
寄付は日曜の北朝鮮のミサイル実験問題もあり、週末比で
100円以上値下がりして寄り付いたものの
その後は値を戻すように上昇。

後場に入って、値動きは停滞しましたが前場の
上昇により14円安と小幅下落に留まることになりました。

 
またドル円も113.3円付近で値動きが停滞しており
あまり値動きがありませんでした。

 
特に材料の無い中、日経平均採用銘柄の下落率トップは
いすゞ自動車の-8.04%。

週末に発表の決算発表の席で、北米の中型トラック事業
への再参入を発表しましたが、株式市場は不安視し
株価は急落することになりました。

 
北朝鮮問題に依然変化がない中、4月下旬より
株式市場は上昇しており、変化に注意が必要なタイミングではあります。

とは言え、日経平均20,000円は射程圏内にあり
今週中の20,000円達成を期待しながら、市場を見守りたいと思います。

2017年5月15日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed