投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

クリスマスの祝日の振替え休日

12月26日(月)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 休み
・S&P500 休み
・ナスダック 休み

 

26日はクリスマスの祝日の振替え休日で、アメリカ市場のみならず
欧州市場、オセアニア市場、シンガポール市場、香港市場も休み。

かくいうマレーシアもお休みでした。

 

休みの機会に、主要市場の現在の値位置について概観します。

アメリカ株式市場(3指数とも)-最高値更新中
ドイツ株式市場(GER30)-15年11月の高値を抜き最高値更新中
イギリス株式市場(UK100)-15年4月、16年10月と同様の最高値水準
ドルインデックス-最高値更新後に値動きが停滞中
原油価格(WTI)-54ドル台の最高値から下落も、未だ53ドル台であり
節目の50ドル台を維持
金価格-15年12月の最安値を目指し下落中

トランプ氏の大統領当選以降、金価格が下落し続け
金が売られ株が買われる、というリスクオンの状態が継続。

リスクオンのセオリー通りの展開となっています。

 

今後は、トランプ大統領就任式が1月20日にあり
また大統領主任後3ヶ月間のハネムーン期間が予想され
大きなトレンドは変化しないと予想されます。

しかしイタリアで大手銀行の増資が頓挫し
政府の関与無しでは破綻の瀬戸際にあり
イタリア発の金融危機の可能性も否定できません。

 

今後については、大枠ではトレンド継続と考えつつも
ヨーロッパ情勢を踏まえて相場の方向性を判断したいと思います。

2016年12月27日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed