投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 世界株式市況

世界株式市況

来週のFOMCが意識され大人しい値動き

3月16日(金)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 24,946ドル(+72)
・S&P500 2,752.0ポイント(+4.6)
・ナスダック 7,481.9ポイント(+0.2)

 
16日は3指数揃っての上昇となりましたが
ナスダック指数は殆ど動かず。

一方でダウ平均が上昇し、ダウ平均とナスダック指数の
間で生じていた、乖離を解消するような値動きを見せました。

 
発表された経済指標が改めて米国経済の
好調さを表すものとなり、株式市場は概ね買いのムードに。

しかし来週のFOMCでの政策金利引き上げが
意識され、また金曜日でもあり買い上がるような
展開とはなりませんでした。

 
ただし大きく値が動いたのは原油価格(WTI)。

比較的大人しい値動きを見せた株式市場の一方で
原油価格は61ドル前半から62ドル半ばまで一気に上昇。

結局、週初からの下落の動きが帳消しとなり
週では行って来いの値動きとなりました。

また久しぶりに原油価格が株式市場に関係なく
動くことになりました。

 
来週は21日のFOMC後に政策金利の引き上げが予定されています。
よって21日までは様子見の値動きが予想されます。

利上げ自体は織り込み済みですが
新任のパウエルFRB議長の初仕事となるため
FOMCの存在を意識しながらの取引を心がけたいと思います。

2018年3月19日 | コメント
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed