投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 世界株式市況

世界株式市況

良好な景気指標の発表が相次ぎジリ高の展開

12月12日(火)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 24,504ドル(+118)
・S&P500 2,664.1ポイント(+4.1)
・ナスダック 6,862.3ポイント(-12.7)

12日はダウ平均及びS&P500は上昇するも
ナスダック指数は下落。

ダウ平均は4連騰となり、最高値更新が
3営業日続くことになりました。

 
翌日のFOMCでの声明発表及び金利引き上げ発表を待つ中で
全体的には様子見の状況。

しかしながら良好な景気指標の発表が相次ぎ、ジリジリと値を上げました。

足元のファンダメンタル状況及び相場のムードは引き続き良好です。

 
ダウ平均採用銘柄の上昇率では

1位ゴールドマンサックス(+3.02%)
6位JPモルガンチェース(+1.16%)
10位トラベラーズ(+0.89%)

となり、金融株が相場の上昇を牽引。

FOMCでの金利引き上げ発表が見込まれている中で
金融株が買われる流れとなりました。

 
また昨日58ドル台にまで上昇の
原油価格(WTI)は、急落し一時56台に。

原油価格は58ドル台が一つの攻防ラインとなりつつあります

 
明日はFOMC後の声明発表にて金利引き上げが予想されています。

声明発表後に生じる可能性の高い
突発的な値動きには十分に注意したいと思います。

2017年12月13日 | コメント
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed