投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 世界株式市況

世界株式市況

株式市場は小動きの中、原油価格が61ドル台に下落

・ダウ平均 26,191ドル(+10)
・S&P500 2,806.8ポイント(-7.0)
・ナスダック 7,530.8ポイント(-39.8)

8日はダウ平均は10ドル高の一方で
ナスダック指数は39.8ポイント安となりまちまちの展開。

既に昨日ダウ平均で500ドル以上の上昇を見せていたため
上昇が一旦小休止した状態です。

 
中間選挙終了後、本日FOMCがありましたが
金融政策に変更は無く、金融市場に大きな
値動きは生じませんでした。

ただし12月利上げの可能性を示唆しており
長期金利が上昇しました。

足元の金利動向は落ち着いていましたが
来月のFOMCに向け金利は注意したい所です。
 

ダウ平均採用銘柄では下落率で

2位エクソンモービル(-1.59%)
3位シェブロン(-1.25%)

となり今週堅調に推移した原油銘柄が売られる展開に。

 
また原油市場(WTI)において
原油価格が下落し61ドル台に突入。

節目価格の60ドルが目前となりました。

中間選挙の影で目立ちませんでしたが
原油価格及び原油関連株で値動きが生じています。

 
中間選挙が終了し、金融市場は次のテーマを
探している状況です。

来週以降どのようなテーマが市場を動かすことになるのか
注意深く探りたいと思います。

2018年11月9日 | コメント
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed