投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 世界株式市況

世界株式市況

米朝首脳会談の中止も市場は冷静に受け止め

・ダウ平均 24,811ドル(-75)
・S&P500 2,727.7ポイント(-5.5)
・ナスダック 7,424.4ポイント(-1.5)

24日は3指数揃っての下落。

トランプ大統領が米朝首脳会談の中止を表明し
金融市場に緊張が走りましたが、ダウ平均75ドル安程度の
下落にとどまりました。

ナスダック指数も1.5ポイント安であり、金融市場は
冷静さを保っています。

 
ダウ平均は一時280ドル安にもなりましたが
トランプ大統領が今後の交渉余地を残す発言を
行った結果、急速に値を戻すことになりました。

またVIX指数も下落しており、市場は足元では
リスク要因とは捉えていません。

 
一方で原油価格(WTI)は71ドル台から70ドル台にまで下落。

72ドルまで一気に上昇しましたが、3日続けて陰線を形成し
更なる下落に向かう可能性が出てきており、今後の方向に注意が必要です。

 
ダウ平均採用銘柄の下落率では

1位エクソンモービル(-2.29%)
2位シェブロン(-1.62%)

となり、原油価格の下落を受け原油関連株が
下落率1,2位を独占しました。

 
米朝首脳会談は完全に決裂した訳ではありませんが
本当に開催されるのか流動的な状況です。

今後北朝鮮問題で金融市場が影響を受ける可能性もあるので
米朝首脳会談の行方を継続的にフォローしたいと思います。

2018年5月25日 | コメント
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed