投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 世界株式市況

世界株式市況

米中貿易摩擦への懸念から3指数揃っての下落

・ダウ平均 25,656ドル(-76)
・S&P500 2,856.9ポイント(-4.8)
・ナスダック 7,878.4ポイント(-10.6)

23日は3指数揃っての下落。

ダウ平均やナスダック指数の上昇が継続していましたが
一旦上昇がストップする1日となりました。

 
米中貿易摩擦を巡り実務者協議が続く中で
米中双方で160億ドルの輸入品に対する
25%の追加関税措置が発動。

既に織り込み済みとは言え、株式市場のムードが盛り上がる訳はなく
更に昨日発覚のトランプ政権のロシア疑惑も併せて
市場は様子見ムードとなりました。

 
ダウ平均採用銘柄の下落率では

1位キャタピター(-2.03%)
2位ゴールドマンサックス(-1.25%)

となり米中貿易摩擦銘柄に加え
金融株が売られました。

 
周辺市場では前日に上昇した原油価格が
67ドル台後半の価格を維持。

再び70ドルを目指す値動きとなるのか注目されます。

ただし上昇の場合、米中間選挙を控え
トランプ大統領からのツイッター等での
横槍にも注意が必要です。

 
米中貿易摩擦が再び市場のテーマと
なりつつありますが、現状では落としどころが
見えていません。

株式市場の上昇が小休止となった本日ですが
明日もしくは来週以降、再び上昇トレンドの維持がなされるのか
引き続き注目したいと思います。

2018年8月24日 | コメント
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed