投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 世界株式市況

世界株式市況

原油価格(WTI)71ドルに加え米長期金利3%台再突入

・ダウ平均 24,542ドル(+182)
・S&P500 2,697.7ポイント(+25.8)
・ナスダック 7,339.9ポイント(+73.0)

9日は3指数揃っての上昇、ダウ平均は5営業日続けての
上昇となりました。

 
トランプ大統領によるイラン核合意からの離脱表明から1日が経過。

冷静になった市場では徐々に原油価格(WTI)が上昇し
71ドル台に突入。

原油高が継続することになりました。

また小康状態が続いていた米長期金利も再び3%台まで上昇。

先週から続く各値動きが再始動する形となりました。

ただし、これまで上昇を続けたドルインデックスは
高値更新後に、一旦小康状態に。

 
ダウ平均採用銘柄では、原油高を受けた原油関連株と
金利上昇を受けた金融株が買われる結果となりました。

 
米国市場が好調に推移する中で欧州市場も好調。

特にイギリス市場が好調で大きく上昇の結果
指標のFTSE100は年初来高値まであと一歩の所まで上昇しました。

ドイツ市場もイギリス市場程ではありませんが
堅調に推移しています。

 
欧米の金融市場は居心地のよい状態が続いています。

ただしアルゼンチンが遂にIMFに支援要請を行う等
金融市場全体は楽観論一色ではありません。

 
次に市場を動かすテーマがどのような内容となるのか
注意深く待ちたいと思います。

2018年5月10日 | コメント
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed