投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 世界株式市況

世界株式市況

ギリシャ選挙 反緊縮派過半数勢い

先週末23日のアメリカ市場は、下落となりました。
 
ダウ平均の終値は、141ドル安の17,672ドルとなり
5日ぶりに下落となりました。
 
ECBの金融緩和で大きく上昇していたアメリカ相場ですが
ギリシャの選挙を控えて、一旦売りが優勢となりました。
 
選挙は、反緊縮の左派が優勢と見られていたため
ギリシャの経済が、再び世界経済へ悪影響を及ぼすと
調整のムードとなりました。
 
 
そのギリシャの選挙ですが
反緊縮派の急進左派連合が、ほぼ単独過半数となり
最終的な結果が待たれるところです。
 
仮に単独過半数となると、与党だけで決められる事になり
ギリシャがユーロ離脱するという可能性が
前以上に高まったと言えるのではないかと思います。
 
 
27日からは、FOMCの開催が予定されており
ECB理事会、ギリシャ選挙の後で
FOMCで何か変化が出てくるのかが注目されます。

2015年1月26日 | コメント
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed