投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

アメリカ市場は感謝祭 ヨーロッパ市場も変化なし

11月24日(木)のアメリカ市場は感謝祭のため休場でした。

アメリカ市場が休場のため、いつもとは趣を変えて、
ヨーロッパ市場中心に解説いたします。

 
24日のヨーロッパ市場は、ドイツ市場(GER30)
イギリス市場(UK100)ともに大きな動きなし。

ドイツ市場はレンジ相場の上限付近に張り付き
その地点でレンジ相場入り。
値位置としては重要なポイントに位置しています。

一方のイギリス市場は、チャートパターン的に三尊天井を
形成しつつあります。ネックラインを下に抜けるか、それとも
今の値位置で踏ん張ることができるか、正念場と言えます。

 
ヨーロッパ市場では足元、ユーロ/ドルの下落が特徴的です。
24日は大きな動きがありませんでしたが、トランプ相場の
ドル/円上昇の裏で、ユーロ/ドルが売られています。

為替市場ではユーロ/ドルの目標値1.0000とも噂されており
今後更なる下落(500-600pips)の可能性もあります

尚、12/4にイタリアで憲法改正の国民投票があります。
結果が直接EU離脱には繋がる訳ではありませんが
否決の場合、イタリアのEU脱退説が現実味を帯びる可能性が
あるため注意が必要です。

 
ヨーロッパ市場は株式市場というより為替市場に
注意を要する事態が近づきつつあります。

 
ドル円も一方的な動きが続いていますが
今後のユーロ/ドルの値動きについても、注意したいと思います。

2016年11月25日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed