投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

金融株買い、ハイテク株売り

12月1日(木)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 19,191ドル(+68ドル)
・S&P500 2,191.0ポイント(-7.7ポイント)
・ナスダック 5,251.1ポイント(-72.5ポイント)

 

1日の米国市場はダウ平均は上昇したものの
ナスダックは大幅下落しました。

 

OPECの減産合意の翌日も原油価格(WTI)は
引き続き上昇し、節目の50ドルを突破し51ドル台に突入。

ただし石油株はそれ程の上昇を見せませんでしたが
代わりに上昇したのが金融株。

ダウ平均上昇率で見ると、
1位ゴールドマンサックス(+3.35%)
3位JPモルガンチェース(+2.02%)

となり金融株がダウ平均を牽引しました。

 

一方で、ハイテク株が売られる展開。

ダウ平均採用銘柄の下落率では
1位インテル(-2.71%)
4位マイクロソフト(-1.76%)
6位シスコシステムズ(-1.24%)
7位アップル(-0.93%)

となり、トランプ相場初期の頃のように
金融株買いに対しハイテク株売り、となりました。

 

今後再度トランプ相場入りするか、それともダマシとなるか
金曜の雇用統計、そして日曜のイタリアの国民投票の
結果を受けての相場次第となります。

本日の値動きのみを見て、今後の相場を判断するのは
時期尚早で、もう少し待つべきと考えます。

2016年12月2日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed