投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

FOMC予想通りの利上げ 来年の利上げペース

12月14日(水)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 19,792ドル(-118ドル)
・S&P500 2,253.2ポイント(-18.4ポイント)
・ナスダック 5,436.6ポイント(-27.1ポイント)

まず、注目のFOMCは、予想通りの利上げ実施となりました。

14日はFOMCの利上げ発表を受け3市場ともに下落。

FOMCでの利上げは織り込み済みでしたが
2017年の利上げペースが、これまでの2回の予想が
3回に上方修正されたことが嫌気され、売られる展開となりました。

もっとも、2016年も利上げペースは予想よりも鈍化しており
あくまで今の時点の推測なので、何があるか分かりません。

 
全面的に売られる展開の中、ダウ平均採用銘柄の
上昇率トップがゴールドマンサックス(+0.58%)となり
トランプ相場の主役の強さも感じることに
なりました。

 
一方で株は売られましたが、ドルは買われた結果
ドルインデックスが急騰。

ドル円相場は、1ドル115円から117円台へと急伸しています。

これまでのサポレジを上方ブレイクする形となり
アメリカ株とドルの相関が崩れることになりました。

また減産合意により上昇が継続していた原油価格(WTI)も
値を下げ、52ドル半ばから50ドル後半まで下落。

 
織り込み済みだったとは言え、FOMCでの金利引き上げ発表は
株と為替と商品の各市場に、大きな影響を与えることになりました。

 
年内最後の金融イベントであるFOMCの結果、"株安ドル高"
となりましたが、"株安ドル高"が新たなトレンドとして
定着するのかどうか、今後注目したいと思います。

2016年12月15日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed