投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 世界株式市況
  • 原油在庫増で原油価格(WTI)が急落、ただ株も為替も影響なし

世界市況

原油在庫増で原油価格(WTI)が急落、ただ株も為替も影響なし

12月21日(水)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 19,941ドル(-32ドル)
・S&P500 2,265.1ポイント(-5.5ポイント)
・ナスダック 5,471.4ポイント(-12.5ポイント)

 

21日は薄商いの中、前日の上昇の反動もあり
3市場ともに小幅な下落で、ダウ平均は20,000ドルを目前に足踏み。

クリスマス相場に突入しており、小動きな展開となりました。

 

またここ数日上げ続けていたドイツ、イギリス市場も
ともに上昇が一服。

 

金融市場全体が小動きの中、一人値動きを見せたのが
原油価格(WTI)。

予想外の米国内の原油在庫の増加発表があり
市場関係者にサプライズを与えた結果、WTIは急落。

53ドル台後半から52ドル台半ばに一気に下落しました。

しかし原油価格に相関のUSD/CADは若干の上昇に留まり
為替市場も閑散としています

 

WTIはチャート的に、節目の値位置に下がった結果となり
今後の方向が大いに注目されます。

 

為替市場も大きな動きのない1日であり、原油在庫の
サプライズが無ければ、殆どの市場が凪状態だった
可能性があります。

 

値動きの無い凪状態が、多くの市場で発生しており
突発的な値動きをトレンド発生と認識し
下手にポジションを持って、無駄な怪我をしないように
充分注意すべきと考えます。

2016年12月22日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed