投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

世界的な株高でダウ平均20,000ドルまであと120ドル

1月3日(火)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 19,881.ドル(+119ドル)
・S&P500 2,257.8ポイント(+19.0ポイント)
・ナスダック 5,429.0ポイント(+45.9ポイント)

 

2017年最初の取引となる3日のアメリカ市場は
3市場揃って大幅な上昇。

ダウ平均は20,000ドルには届きませんでしたが
久しぶりに100ドル以上の上昇を見せました。

またダウ平均は節目の20,000ドルに
あと約120ドルまで迫りました。

 

3日はアメリカ市場だけでなく、世界的な株高の流れとなり
イギリス市場は指数UK100が2017年早々遂に上方ブレイクを達成。

またドイル市場においてもGER30が12月後半のレンジ相場を上抜け。

2017年の世界の株式市場は
幸先よいスタートを切ることができました。

 

順調に上昇した株に対して、原油価格(WTI)が乱高下。

54ドル台から始まり一時55ドル台にタッチするも、その後に
52ドル台まで急落しています

休み明けでプレイヤーの少ない中、減産合意の実現が
可能か疑念が残り、投機筋が価格を動かし合っている状態
となっています。

 

1/6(金)は雇用統計が控えています。

よって今週は雇用統計に向けた値動きが予想されます。

まずは年明けのよい流れが、1/6まで継続することを
期待したいと思います。

2017年1月4日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed