投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

ドルの下落 雇用統計を前に揉み合い

1月5日(木)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 19,899ドル(-42ドル)
・S&P500 2,269.0ポイント(-1.7ポイント)
・ナスダック 5,487.9ポイント(+10.9ポイント)

5日はダウ平均、S&P500は下げるも、ナスダック指数が上昇という展開。

ダウ平均が20,000ドル一歩手前であり、また翌日に
雇用統計を控え株式市場全体が揉み合いの状態となりました。

 

一方、為替市場はドルが下落。

ドル円が東京時間以降、ロンドン、NYといずれも下げ
約2円の下落となりましたが、株式への影響は限定的。

ただしドルインデックスが、チャート的には下落への
ブレイクを果たした形となり、今後株とドルの乖離が
継続するか、注意を要する場面です。

 

為替の重しでさえないアメリカ株の一方で
イギリス株(UK100)が絶好調。

レンジブレイクの最中であり、昨年より7営業日連続で
陽線が継続中です。

EU離脱プロセスでイギリス国内は揉めていますが
株式市場は全く関係なく上昇しています。

 

アメリカ市場は明日の雇用統計、そして20日のトランプ大統領の
就任式と1週間おきにイベントが続きます。

イベントを基点として、株価が動き始める可能性があります。

明日以降、足元の相場がどちらに向かっているのか
方向性を間違わぬよう、充分に注意したいと思います。

2017年1月6日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed