投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

ダウ平均20,000ドルを手前に再度失速

1月9日(月)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 19,887ドル(-76ドル)
・S&P500 2,268.9ポイント(-8.0ポイント)
・ナスダック 5,531.8ポイント(+10.7ポイント)

9日のアメリカ市場はダウ平均、S&P500は下げに見舞われるも
ナスダック指数は上昇し、明暗分かれる形となりました。

ダウ平均は節目の20,000ドル一歩手前まで上がったものの
昨年末の接近時同様に失速し、20,000ドルを前に下げに
見舞われています。

 
また9日は原油価格(WTI)が53ドル台から51ドル台まで急落。

原油価格の急落により、エネルギー株が下げを主導することになり
結果的にダウ平均、S&P500とナスダック指数が乖離。

ダウ平均採用銘柄で下落率1位がエクソンモービル(-1.65%)と
なったのが、エネルギー株の不振を象徴しています。

 
ダウ平均20,000ドルへの挑戦はまだ継続の見込ですが
明日(1/11)のトランプ新大統領の会見と、今週末から
始まる各社の10-12月期決算発表が相場を動かすタイミングとなりえます。

先週末の雇用統計で好調なアメリカ経済の再確認がなされて
いますが、トランプ相場自体は一段落した感もあります。

 
次に相場が動くタイミングがいつになり、その方向が
上下いずれになるのか、冷静に見守りたいと思います。

今週は、日本が3連休スタートなので
特にアメリカ市場に流される動きになってきそうです。

2017年1月7日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed