投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

好調な決算を受け銀行株が値上がり

1月13日(金)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 19,885ドル(-5ドル)
・S&P500 2,274.6ポイント(+4.2ポイント)
・ナスダック 5,574.1ポイント(+26.6ポイント)

13日はダウ平均とS&P500が小動きの中、ナスダックが上昇。

 

決算発表のスタートを切ったJPモルガンチェース他の
銀行は予想を上回る決算を発表し、銀行株全体が上昇。

その結果、S&P500指数を押し上げました。

一方、12日より原油価格が継続的に下落しており
石油関連株が売られた結果、エネルギー株の比率の高い
ダウ平均が若干下落、という結果になりました。

またナスダックは12日に下落となったものの
13日まで連続9営業日連続陽線となり、相場の勢いは
衰えていません。

 

ただし既に下落の兆しを見せつつあるドルインデックスは
3営業日連続陰線で、下方ブレイクを見せつつあります。

 

今後企業決算は波乱なく進むと予想されており
このまま株価の上昇、ダウ平均20,000ドル達成への期待が高まります。

しかし、これまで株価の上昇を支えたドルの上昇に陰りが見え
ドルの下落に株価がどう反応するか、という点に注意が必要です。

 

20日の大統領就任式終了までは積極的に手掛け辛い
展開が予想されており、当面様子見スタンスがよいのではないかと思います。

2017年1月16日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed