投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

マーチンルーサーキングデイでアメリカ市場休場

1月16日(月)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 休み
・S&P500 休み
・ナスダック 休み

16日はマーチンルーサーキングデイでアメリカ市場は休場。

他国の市場はオープンの中、EU離脱を昨年6月に決定の
イギリスの状況が節目を迎えています。

 
16日に大幅下落となったポンド(GBP/USD)ですが、
既にEU離脱決定時を下回る水準で推移し、チャートとしては
更に下げがあってもおかしくない状態。

背景としては、穏健なEU離脱ではなく
ハードブリグジットと言われる、移民問題を原因とする一方的な
EUとの決別宣言となる可能性の高まりが挙げられます。

イギリスのメイ首相が本日(1/17)ブリグジットの方針について
スピーチの予定ですが、ハードブリグジット路線
の表明が予想されています。

 
メイ首相のスピーチを受けて、材料出尽くしとなり一旦戻しを
入れるのか、失望売りから更にポンドが下落をするのかは
注目に値します。

 
尚、ポンドの下落と軌を一にするように、イギリス株価指数FT100は
12月より強い上昇トレンド入り。

ポンドが売られたことにより、相対的に株価が上昇しており
日本のアベノミクス相場初期の頃に状況が類似しています。

 
イギリスのEU離脱情勢が大きく金融市場を揺らす可能性があり
今後はイギリスにも注意したいと思います。

2017年1月17日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed