投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

トランプ相場の転機、ドル安につられ株価も下落

1月17日(火)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 19,826(-58ドル)
・S&P500 2,267.8(-6.7ポイント)
・ナスダック 5,538.7(-35.3ポイント)

17日は3指数揃っての下落。

トランプ新大統領が、経済誌のインタビューで、
ドルが高すぎる、と発言しているのが明らかになり
これがきっかけにドルが急落。

ドルインデックスで見ると、下落トレンド入りが決定で
ドルの下落につられるように株価も下落しました。

 
更にイギリスのメイ首相による、ハードブリグジットでの
EU離脱表明がありましたが、予想通りの発言であり
材料出尽くしとなりました。

その結果、ドルを売ってポンドが買われる展開となり
ドルの下落が更に勢いづくこととなりました。

 
トランプ相場を支えてきたドル高が、今回のインタビューを契機に
一旦幕引きとなり、それに伴うようにトランプ相場を牽引した銘柄が

JPモルガン-3.63%
ゴールドマンサックス-3.50%

との下落で、ダウ平均採用銘柄の下落率で1位と2位を占めています。

 
各指数の下落率はそれ程ではありませんが
相場の背中を押してきたドル高要因が今後は
消える可能性が高いです。

その意味ではトランプ相場が転機を迎えた、と言えます。

今後、為替と株価の相関関係がどのように変化するか
注意深く見守りたいと思います。

2017年1月18日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed