投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

ダウ平均20,000ドル到達後の小休止

1月26日(木)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,100(+32ドル)
・S&P500 2,296.6(-1.6ポイント)
・ナスダック 5,655.1(-1.1ポイント)

26日はダウ平均が若干上昇するも、全体的には
ほぼ変わらずの展開で、ダウ平均20,000ドルの定着を
巡る攻防となりました。

昨日全面高となりダウ平均20,000ドルを達成した
アメリカ市場は、さすがに一息入れる状況です。

 
今後の予定を見ると、来週3日に雇用統計発表を
控えており、3日までは折り返すことなく
上昇もしくは現状維持が継続の可能性が高いと
考えられます。

ただしトランプ大統領の発言で、金融市場が
大きく揺さぶられるケースも想定されます。

 
またダウ平均が20,000ドルとなり、米国では
ボラティリティ指数(VIX)が著しい低下を見せ
2014年7月以来の低水準となっています。

現状の水準は2014年以前は2007年まで存在しておらず、
VIX指数は歴史的低水準にあると言えます。

更にドイツの株価(GER30)もアメリカ市場とタイミングを
同じくして上昇しており、アメリカ市場とドイツ市場の
相関関係が強くなっています。

 
今後については来週の雇用統計に至るまで、
上昇か停滞かいずれのシナリオとなるかがポイントであり
来週初までの値動きを見極めたいと思います。

2017年1月27日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed