投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

雇用統計及び規制緩和を受けダウ平均20,000ドル回復

2月3日(金)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,071(+186ドル)
・S&P500 2,297.4(+16.5ポイント)
・ナスダック 5,666.7(+30.5ポイント)

 
3日は3指数ともに上昇、特にダウ平均は180ドル以上の
値上がりとなり、20,000ドルを回復。

当日発表された雇用統計でアメリカの労働市場の
拡大が再確認されたことが素直に評価されました。

ただし時給の上昇率の鈍化を受けて
為替市場ではドルの値動きが激しく上下しました。

 
またトランプ大統領が金融機関に対する規制をしていた
ドッド・フランク法の廃止に関する大統領令の署名を
行い金融株が買われる展開に。

ダウ平均採用銘柄の上昇率を見ると

1位ビザ(+4.59%)
2位ゴールドマン(+4.57%)
3位JPモルガン(+3.06%)
4位アメリカンエキスプレス(+2.00%)

となり、ベスト4を金融株が占める結果となりました。

 
雇用統計を受けて株式市場は上昇し
ダウ平均も20,000ドルを回復しており
2月の株式市場は幸先良いスタートを切ることができたと言えます。

今後はダウ平均20,000ドルを維持しながら、更なる
上昇に向けた値動きが加速することを期待しつつも
トランプ大統領のツイッターを始めとするリスクには
充分備えたいと思います。

2017年2月6日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed