投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

原油価格の急落がダウ平均上昇の勢いをそぐ

2月7日(火)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,090(+37ドル)
・S&P500 2,293.0(+0.5ポイント)
・ナスダック 5,674.2(+10.6ポイント)

 
7日は小幅ながらも3指数ともに上昇。

12月の貿易収支で赤字幅が縮小したことを背景に、一時ダウは
100ドル以上上げる場面もありましたが、原油価格が急落。

原油価格の急落を受けて、石油関連株も下落を開始したことで
株式市場全体も上昇の勢いを失い、最終的には
ダウ平均で+37ドルの小幅な上昇にとどまりました。

 
原油の在庫が過去最高近辺となることが予想されており
春に向けて原油余りが懸念された結果、原油価格(WTI)が
53ドル台から51ドル台に約2ドルの急落となりました。

そして原油価格の下落が原油関連株の下落にストレートに
繋がり、ダウ平均採用銘柄の下落率では

1位シェブロン(-1.41%)
3位エクソンモービル(-0.65%)

となり石油大手が値下がり率1位と3位となりました。

 
株式市場は小康状態ですが、原油価格の下落の一方で
金価格も上昇しており、今後の金融市場の変化を予見させる
動きが出ています。

 
株式市場だけではなく、為替や商品市場といった周辺市場の
状況にも注意しながら、次の市場の方向性を探りたいと思います。

2017年2月8日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed