投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

連日の3指数上昇も一服で小動きの展開

2月16日(木)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,619(+7.9ドル)
・S&P500 2,347.2(-2.0ポイント)
・ナスダック 5,814.9(-4.5ポイント)

 

16日はダウ平均は若干の上昇も、S&P500とナスダックは
下落となり、強弱まちまちの状況。

さすがにアメリカ株の上昇も一休みです。

本日は改めて各市場の状況を概観してみます。

・アメリカ市場 3指数ともに連日の高値更新
・イギリス市場 高値更新目前
・ドイツ市場 高値更新目前
・ドルインデックス 2017年1月より下落トレンド
・金価格(XAU/USD) 2017年1月より上昇中
・原油(WTI) 50-53ドルのレンジ相場

米独英の株式市場は好調に推移。

ただ昨年末のトランプ相場を牽引したドルの上昇は
ドルインデックスが2017年1月より下落しており
為替が株を引っ張る構図ではありません。

またリスク指標の金価格も1月より上昇。

2月のアメリカ市場の上昇は、昨年末と比べると
状況がかなり異なります。

昨年末のトランプ相場は、アメリカにお金が集まり
ドル高と株高を演出して、リスク資産の金価格が売られた
という分かりやすい構図の反面、2月の上昇はストーリー的には
説明しにくい相場です。

 

足元はトランプ政権の減税案の発表待ちの状況ですが
上記の状況を踏まえた上で、今後の値動きについても
考えていきたいと思います。

2017年2月17日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed