投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

3指数揃っての上昇、ダウ平均は11連騰に

2月24日(金)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,821ドル(+11)
・S&P500 2,367.3ポイント(+3.5)
・ナスダック 5,845.3ポイント(+9.7)

24日は3指数そろって小幅高の展開。

ダウ平均は11営業日連続の最高値更新となりました。

絶好調のアメリカの株式市場ですが、ダウ平均採用銘柄の
下落率を見ると、興味深い銘柄が並んでいます。

1位ゴールドマンサックス(-1.53%)
2位JPモルガンチェース(-0.88%)
3位エクソンモービル(-0.86%)
4位シェブロン(-0.81%)
5位アメリカン・エキスプレス(-0.36%)

金融株及び石油株が総崩れの状態で
特に年末及び2月のトランプ相場を支えた
金融株が崩れています。

金融株の下落はアメリカの長期金利の低下及び
欧州の金融機関が赤字を計上したことが市場から
嫌気され、その流れがアメリカ市場にも続いたことが
背景となっています。

 
ダウ平均自体が上昇しているので
下落率の数字自体は大きくありませんが
これまでになかった光景と言えます。

 
相場自体は28日のトランプ大統領の議会演説待ちの
状況となっており、議会演説までは大きな動きは生じないと
予想されます。

フラットなスタンスで28日のトランプ大統領の議会演説を
待ちたいと思います。

2017年2月27日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed