投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

株価と金価格が共に下落し逆相関が崩れる値動き

3月6日(月)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,954ドル(-51)
・S&P500 2,375.3ポイント(-7.8)
・ナスダック 5,849.1ポイント(-21.5)

6日は3指数揃っての下落、ただし3指数ともに
小幅下落にとどまっており、先週の急騰後の相場に
方向が出ている状況となってはいません。

 

来週のFOMCでの利上げが予想される中、今週金曜日に
雇用統計が控えており、今週は投資家が手を出すのが
難しいタイミングとなっています。

 

また相場の方向性が読み難いのは、金価格(XAU/USD)の
値動きに象徴されています。

先週の株価上昇の際は下落を続けた金価格ですが
株価の上昇が落ち着くとともに価格は上昇へ。

しかし6日は株価と揃っての下落となり
先週の株価高騰の際の安値水準に到達。

本来逆相関の関係にある株価と金価格が
相関する値動きとなっており、市場全体の分析からも
今後の方向性が予想しにくくなっています。

 

月曜日と言うこともあり、全体的に小動きと
なりましたが、雇用統計とFOMCを控え来週の
FOMCまで小動きの展開が継続する可能性もあります。

 

FOMCまで明確なトレンドが出にくい状況が続くと
予想されるため、無理な売買は控えるのが得策と考えます。

2017年3月7日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed