投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

様子見相場の中で原油価格の下落を受け株式市場も下落

3月14日(火)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,837ドル(-44)
・S&P500 2,365.4ポイント(-8.0)
・ナスダック 5,856.8ポイント(-18.9)

14日は3指数揃っての下落、15日のFOMC後の
金利発表を控えた最後の取引日となりました。

 

買われる理由が無い中で、先週末から下落が
続いている原油価格(WTI)が、昨日の小休止をへて
14日には遂に47ドル台にまで下落。

原油価格の下落とともに原油関連株が
下落し、原油価格の下落が株式市場の下落を
誘う形となりました。

 

14日の原油価格下落の要因は
サウジアラビアの原油増産が統計データで
明らかとなったため。

サウジアラビアのスタンスは不明ですが
これまで減産を主導してきたサウジアラビアが
データの上では増産となっており、原油市場に
衝撃を与えた形となりました。

また原油価格の下落に連動するように
金価格も下落し、原油価格と金価格の
相関が見られた一日ともなりました。

 

いよいよ明日のNY時間はFOMCによる利上げ発表が
行われる見込みです。

利上げそしてその声明を受け、株式市場のみならず
為替市場、商品市場がどのような動きをみせるのか
注目したいと思います。

2017年3月15日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed