投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

金融株が崩れるも大きな下落にまでは至らず

3月20日(金)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,905ドル(-8)
・S&P500 2,373.4ポイント(-4.7)
・ナスダック 5,901.5ポイント(+0.5)

20日はダウ平均、S&P500は下落し、ナスダックが横ばいとなり
まちまちの展開。

しかしながらダウ平均は3営業日連続の下落となりました。

既に15日のFOMCで金利の引上げが発表されている中の
金曜日であり、相場を動かす材料に乏しい1日となりました。

 

ただしダウ平均採用銘柄の下落率を見ると

4位ゴールドマンサックス(-0.74%)
5位JPモルガンチェース(-0.72%)
6位トラベラーズ・カンパニー(-0.63%)
7位アメリカン・エキスプレス(-0.50%)

となりトランプ相場を牽引した金融保険株が総崩れ状態。

下落率は小幅であり、相場に対する影響は少なかったものの
トランプ銘柄の勢いも一段落した感があります。

 

雇用統計とFOMCという二大イベントを通過し、来週は
久しぶりに大きなイベントの無い週となります。

よって大きな話題が生じなければ、引き続き
小動きの展開が予想されます。

 

しばらく我慢比べの相場が続く可能性がありますが
辛抱強くトレンドが生じるのを待ちたいと思います。

2017年3月21日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed