投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

米景気の力強さが再認識され、3指数揃っての上昇

3月28日(火)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,701ドル(+150)
・S&P500 2,358.5ポイント(+16.9)
・ナスダック 5,875.1ポイント(+34.7)

28日は3指数揃っての上昇。

この所マチマチの展開が多い日が続きましたが
久しぶりにスッキリとした上昇となりました。

 

オバマケア撤廃法案に絡みジリジリ下げたダウ及びS&P
ですが、発表された消費者信頼感指数が2000年以来の
高水準となり、米国経済の好調さが改めて認識。

その結果、投資家マインドが改善され
久しぶりの3指数揃っての上昇となりました。

 

ダウ平均採用銘柄の上昇率ベスト5は下記。

1位アップル+2.07%
2位ゴールドマンサックス+1.71%
3位キャタピラー+1.57%
4位イー・アイ・デュポン+1.56%
5位JPモルガンチェース+1.56%

金融系を中心にハイテクもインフラ系も上昇しており
多くの業種の株価が値上がりしています。

実際にダウ平均採用銘柄で値下がりしたのは
ジョンソンエンドジョンソン-0.11%とファイザー-0.06%
マクドナルド-0.03%の3社のみでした。

 

問題は本日の上昇が反転の契機となるか、下落局面の
単なる戻しとなるか、という点。

実体経済は好調でも、トランプ相場で既に
相当上昇していることもあり、いずれの方向になるのか
今後充分注意したいと思います。

2017年3月29日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed